会社を辞めて起業しようと思ったワケを軽く綴ってみる。その3

プロフィール

今日のコーヒー杯数→3杯 累計杯数→59杯

会社を辞めて起業しようと思ったワケを軽く綴ってみる。その1

会社を辞めて起業しようと思ったワケを軽く綴ってみる。その2

からの続きを…

そんなこんなで約3年前に社長交代のタイミングがありまして、一時期は「地域に役立つ仕事をしたい!」と言う気持ちが大きくなりすぎて、なんの基盤も無いのに「2019年の統一地方選挙で市会議員を目指す!」と退職を申し出ましたが前社長に「2023年まで待って欲しい」と強く引き止められあえなく撃沈(笑)

少し話は逸れますが、実は私バツイチで子供がいないんです。そして妹にも子供がいない。と言うことは親の家系が私たち兄弟で途絶えてしまうんですよね。孫の顔を見せることができなかった…そんな事が影響しているのか「何らかの形で自分の生きた痕跡をこの世に残したい」と言う気持ちが歳を重ねる度に強くなってきてるんですよね。

「自分がしたい事を人や今の環境に影響されずにチャレンジしたい」「自分の人生を生き切りたい」「自分の気持ちを大切にしたい」「個人事業主さんってそんなに儲かって無いはずやのに楽しそうに商売をしているよな〜、あっち側に行きたいなぁ」なんて思いが幾十にも重なりもう気持ちが抑えられなくなりました。

そんな事もあり社長が交代してからの最低3年間は新社長のサポート役として残り、2022年までは2023年の選挙準備をしながら勤めるつもりでしたが会社のこれからの方向性や景気の動向、そして大人の事情(笑)もあって急遽退任退職する事に。

そうは決めたものの退職&政治家チャレンジに向けての3年計画を1年計画に短縮する必要に迫られたので気持ちは追い込まれましたが、選挙に落選した時の事も想定して稼げる資格や起業するためのビジネスの情報収集と簡単なスケジュールを立てていたのがとても役立ちました。

何事も最悪の想定は大事ですよね。仕事と場所を選ばなければ生きていける方法は幾つでもありますから。失敗してもなんも怖く無いです。

次はコーチングとの出会いまで書く事ができたらいいなと思います。

全然まとまらない文章になってしまってますが、コレで人に伝わるのか不安になってきます。でも考えや想いを書き出すの大切ですね。ブログはめっちゃ有効なアウトプット手段だと実感してます。

100本ぐらい書いたら上達するのかな…

では、また明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました