【日本の未来】2020年8月以降のビジネス環境を想定してどう動くかの続き【8月起業】

ビジネス

昨日のコーヒー杯数→4杯 累計杯数→307杯

昨日の続き…

自分自身も新型コロナに感染する可能性もあるので、8月の起業を迎えることができる確率も低くなってるし…

それはそれとして新型コロナによる実体経済への影響により失業者が増加するのは間違いない事実。じゃあそれをどう予測して想定内の幅を広げるのかが重要。

戦略を考える期間が3ヶ月あるのはラッキーです。やっぱり運がいい!

まずは8月時点での新型コロナの状況を想定してみる。

Aパターン すでに感染ピークは去り終息に向かっている。経済も年内に底打ち予想。

Bパターン 感染ピークは去ったが失業率悪化や倒産件数の歯止めがきかない。

Cパターン 世界的に新型コロナウイルス終息の目処がたたず米経済が崩壊。世界恐慌。

あっ最悪のケースとして自分が新型コロナに感染して重症になった場合も考えとかんとあかんな…

コロナパニックが終了しても今までのような生活は決して戻らずに新しい常識が生まれるハズです。

日本経済を復活させる為に必要なことは「労働力」と「人間力」の強化。

政府が力を入れていくのは国家としての経済力強化。

そして自分が生きていく為に重要なのは「自分力」

そう。身体ひとつで生きていける力。

そして世の中から何が必要とされるのか?どんな課題を解決する必要があるのか?この辺りを意識しながら自己投資とビジネスモデルの構築をしていかないといけないですね。

日本の未来の為に…

では、また明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました